2019/2/5

  1. 「VTuber×食品」は本当に相性が悪いのか
  2. 【SNSレポート】2019年冬アニメ かぐや様は踊らせたい?!
  3. あとがき「2019年のTwitterPRを考えるために」

――――――――――――――――――

  • 「VTuber×食品」は本当に相性が悪いのか

 

前回のメルマガでは最近増えつつあるVTuberと他分野とのコラボの中からアパレル方面にフォーカスしてまとめましたが、そうしたバーチャルの可能性を拡張するコラボはまだまだあります。

アパレルに並んで面白い動きを見せているのが食品関係とのコラボです。VTuberは生身と比べると食レポが出来ないという弱点があると指摘をされることもあり、食品関係との相性はよくないと思われてきましたが、昨年末には「輝夜月×日清」の大型コラボが実現しており、他にも様々な企画が立ち上がっていて、その数を増やしています。

2019年1月に行われたのが「月ノ美兎×水戸納豆」のコラボです。月ノ美兎さんが納豆好きを公言していたことから生まれたコラボで、「美兎納豆」として限定パッケージの納豆が数量限定で販売されました。

名前の相性が良いのもさることながら、納豆好きの月ノ美兎さんの念願叶ってということでファンにとってはさらに嬉しい企画となっており、様々な意味で意義深いコラボとなっています

 

 - "QTTA(クッタ)× GEMS COMPANY「バレンタインイブ」しょうゆ味担当:珠根うた"(YouTube)

 

先日発表されたVTuberグループ「GEMS COMPANY」と東洋水産のインスタント麺「MARUCHAN QTTA」とのコラボも話題になっています。

「GEMS COMPANY」はスクウェア・エニックスのプロデュースするアイドルグループで、ハイクオリティの楽曲とダンスで群雄割拠のバーチャルアイドル界にポジションを築いており、普段は12人のメンバーによる頻繁なライブ配信を行っています。

コラボに際してメンバー7人によるスペシャルムービーが公開。商品のイメージと若者の恋愛観を重ねた新曲を歌うイメージムービーとなっていて、時間はちょうど3分とカップ麺にお湯を入れてから見るのに丁度いい長さという丁寧な作りです。

さらに7人の動画を別々の端末で再生し、凸型に並べるとひとつの動画になるというギミックも仕込まれているなど、VTuberとしての普段の活動との相性も考えられたコラボとなっています。

月ノ美兎さんの場合は数量限定での販売ということで熱量の高いファンへ向けたコラボとなっている一方で、GEMS COMPANYの場合は若者を意識した広いPRとなっていて、二つのコラボは「VTuber×食品」としては同じ部類であるものの、企画の属性としては異なるものと言えます。

こうした様々なバリエーションでのコラボ展開が行われているということにVTuberのカルチャーとしての成熟を感じると共に、更なる展開にも期待が持てます。今後もこうした他分野とのコラボによってVTuberの新たな側面が開かれていくことにも注目です。

編集長 小熊

――――――――――――――――――

  • 【SNSレポート】2019年冬アニメ かぐや様は踊らせたい?!


2019年冬アニメで今注目されている作品はどれでしょうか?
公式Twitterアカウントの、1日のフォロワー増加数を調査し、TOP5を抜き出しました。

■2019年冬アニメ 公式Twitter

放送後にフォロワー数が伸びたアニメとしては、以下の順位となります。
1位 「かぐや様は告らせたい」2019/1/28 2,476フォロワー増
2位 「BanG Dream! 2nd Season」2019/1/19 1,480フォロワー増
3位 「マナリアフレンズ」2019/1/21 1,284フォロワー増
4位 「五等分の花嫁」2019/1/19 1,190フォロワー増
5位 「約束のネバーランド」2019/1/18 1,168フォロワー増


「かぐや様」が第3話放送後大幅にフォロワーを伸ばしていて、今一番注目されているアニメと言えるかもしれません。
では「かぐや様」はどのように注目されたのでしょうか。

「かぐや様」は、第3話でそれまでと違った特殊なEDを使用しました。ヘタウマな可愛らしい歌い方、なめらかな作画、踊ってみたくなるダンス、最後のツッコミどころなど、SNSで話題になるフックを沢山仕掛けてあるものです。
 
第3話放送直後、ED映像をYoutubeにUPし、Twitterで「チカダンス」と名付けました。
 

 - TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』第3話エンディング映像 ♪「チカっとチカ千花っ♡」(YouTube)

その後、アニメ視聴者によってその動画が拡散され、それを目にした未視聴者も「チカダンス」を話題にしていきます。

「チカダンス」が一番多くツイートされたのは1/29ですが、「かぐや様」もグラフを見るとその日に小さく山ができており、「チカダンス」だけでなく「かぐや様」の認知も上がったと考えられます。

元々「日本の全“週刊漫画誌”に連載中のラブコメで売上No.1」の面白さがある原作ですが、「SNSで話題になるためのフックのあるアニメ作り」「フックをネットにUPしたり名前を付けて、共有しやすくする」といった、SNSでの施策も手を抜かずしっかり行っていました。
ダンスなので、ファンの「踊ってみた動画」が投稿されれば、さらなる拡散も期待できます。

この注目がどう変化していくのか楽しみですね!

――――――――――――――――――

  • あとがき
 
こんにちは、発行元の株式会社シェアコトの武者です。いつもメルマガのご愛読ありがとうございます。

すごく気になっていることがあります。アニメをはじめ何かをプロモーションするとき、フォロワーを増やすためにフォロー&RTキャンペーンをよくやりますよね、読者のみなさんも参加した、または仕掛けたこともあるのではないでしょうか?
ことアニメの場合、プレゼントがキャストのサイングッズならまだギリでアニメと関係あるとは思うのですが、プレゼントが金券の場合はどうなのでしょうか?

金券はいわゆるキャンペーン厨がたくさんいるので、すごい数のRTとフォロワー数を稼ぐことができます。しかし、お金で買ったフォロワーはキャンペーンが終わると徐々に減少するのもまた事実です。フォロワーがいないよりはいた方がいいというのは事実ですが、減っていってしまうのは切ないなと見ていて思います。
結果として残ってくれたフォロワーは純粋なフォロワーである可能性は高いと思うのですが、純減の結果よりも純増の結果の方がいいなと思っています。

ZOZOの前澤さんのようにとことんやってPR効果として遊ぶならプロモーションとして面白いとは思うのですが、目先の獲得だけが目的となると金券型のキャンペーンはあまり本質的ではないのではと思っています。
とはいえ他に即効性高くフォロワーを獲得する代案を今思いつくわけではないため、考えどころですね。

2019年はコンテンツ過多の時代です。ファンに対してのコンテンツ供給が限界を迎えたとデータ的には感じています。
Twitterを使ったプロモーションもそろそろ供給過多なのかもしれないと思い、新しい手法を考えたいなと思います。

――――――――――――――――――

  • バックナンバー
過去に配信したメルマガのバックナンバーは こちらから
 
  • お問合せ
SHAREPOPではコンテンツに関するリサーチ・PRプランニングをはじめ、アニメ、声優などエンタメ領域と企業タイアップ企画・制作を承っています。
お問合せはこちらから
 
  • 注目記事

――――――――――――――――――

本メルマガについてのお問合せ・購読解除などは以下よりお問合せください
株式会社シェアコト SHAREPOP
お問合せフォーム
⇒メールアドレス:sharepop@sharecoto.co.jp
⇒TEL 03-6264-8962

――――――――――――――――――